再生タイヤ

プレキアタイヤ概要

再生タイヤの製造方法として、大まかに2種類の製造方法があります。

当社ではタイヤ校正の幅が持て、環境に優しいプレキアタイプを推奨いたします。 (但し、一部生産工程上ホットタイプで提供させていただく商品もございます。)

プレキヤタイヤの製造過程

ポイント1 25年の製造の実績。県内外にご提供させていただいております。

ポイント2 プレキヤ方式ですとショルダー部分の放熱が良く、使用しているゴムを必要最小限に。バネ下荷重の負担の軽減になっております。

ポイント3 なんと言ってもリサイクルされると言う事と、ロングライフで安価と言うのがリサイクルタイヤの最も注目される点ではないでしょうか。

適合サイズ

基本的には10t以下2t車までのタイヤであれば製造可能です。生産能力的には、295/80R22.5、11R22.5、から17.5インチ、16インチまで可能です。

最近商用車でチューブレスタイヤが普及しておりますが、そのサイズにも適用できるように計画しております。


205 / 60R17.5      205 / 70R16      205 / 80R17.5
205 / 85R16      195 / 85R16      etc...